So-net無料ブログ作成

UBP-X800とUMS [オーディオ]

何をトチ狂ったか,UBP-X800ってBDプレーヤーをAmazonでポチった。
# 多分,暑さのせい…… ってことにしておこう。

ちなみに当方,TVはSHARPの古い2K,スピーカーはヤマハのYSP-2200と,環境的には,4Kもハイレゾも,全く縁が無いのですが…
今も現役なPS3をリプレースできたらなぁ〜と,試しに ”買ってみた” って感じ。

なのですが,BD playerとしては良いのですが,メディアプレーヤーとしては,色々残念な感じ…

20170724 追記:
DLNAなTS/mp4再生で,音声付き1.5倍速再生が出来ない orz
電源offでも,底面が暑い!(火傷しない程度)
PCからWoLで,電源が入ったのには,ちょっとびっくり(笑

現在,PCで録画した番組の視聴には,PCにUMSをセットアップして配信(?),それをPS3で再生しています。
# UMS: Univasal Media Server,前身のPS3 Media Serverからfolk(?)した品物。

以前には,Raspberry PiにOSMCをインストールして使用していた時期もありましたが,OSMCはTS再生で,二ヶ国語音声切り替えが出来ないのと,5.1ch再生で全チャンネルに反響音が載って聞くに堪えない…で,"やっぱりダメだぁ!"と継続利用を断念,結局,PS3に出戻っていました。
# OSMCはβ版の時から試していますが,この音声周りの問題は,初めからで,修正される気配がありません。

その後,色々とメディアプレーヤーを探していたのですが,なかなか良い感じのものがなく,日々悶々としてましてました…

今回,勢いって言うか,気の迷いっていうかで,UBP-X800を買っちゃたので,PS3をリプレースして,以前と同等程度の視聴環境を作ってみましょ,ってのが,今回のお題目になります。

UBP-X800(以下,X800)については,方々で新製品レビューが出ていますが,得たい情報は全く得られず…
# まぁ,"テンプレ"レビューには,用はない訳で。

SONY公式から取扱説明書.pdfを取得してみてみたのですが… 内容が薄い薄い orz
そんな中,日本発売前にUS版を購入して使用,検証されている方を発見,「ubp-x800 おかたづけ日記」で検索して頂くと,たどり着けます。
JP版とは,違いもあると思いますが,すごく参考になりました。

こうのような”情報収集”は,購入前にするものですが,勢いで(暑さで朦朧としていた?)ポチったので,完全に後追いです。
初めはOPPO UDP-203をカートに突っ込んでいたのですが,価格が半分のX800に転げました。
まぁ,今後,ケチったツケを払うのでしょう(笑

前置きはこれ位で…

今回購入したX800は,CIFS/SMBを使えません。 公式には”DLNA対応”と謳っていません。 これでは,PS3の代わりが務まるはずはありません。
ですが「おかたづけ日記」の情報では,DLNAできるようなことが書かれています。

国内製品なのでCIFS/SMB接続は,最初から諦めていましたので,PS3と同様,UMSで配信してX800で再生するようにします。
そうなると,UMS側でX800に合わせた配信が出来るよう,定義ファイルが必要です。
今現在最新の ”UMS 6.7.2"をダウンロード,定義ファイルを眺めてみましたが,SONY製BDプレーヤーの物は,古い機種用しか有りませんでした。
しようがないので,この定義ファイルに手を加えて,X800用を作っていく事にします。

元々UMSに有る定義,Sony-Bluray.confとSony-Bluray2013.confで,とりあえず動くようですが,これらのファイルを改造して,X800用を作ってみた。
UMSの定義ファイルの中身は,こんな感じ…
Sony-UBP-X800.conf
#----------------------------------------------------------------------------
# Profile for Sony Ultra HD Blu-ray / DVD Players.
# See DefaultRenderer.conf for descriptions of all the available options.
#

RendererName = Sony UBP-X800

# ============================================================================
# This renderer has sent the following string/s:
#
# User-Agent: UPnP/1.0 DLNADOC/1.50
# X-AV-Physical-Unit-Info: pa="UBP-X800";
# X-AV-Client-Info: av=5.0; cn="Sony Corporation"; mn="UBP-X800"; mv="2.0";
# ============================================================================
#

#UserAgentSearch = UPnP/1.0 DLNADOC/1.50
UserAgentAdditionalHeader = X-AV-Client-Info
UserAgentAdditionalHeaderSearch = (cn="Sony Corporation"; mn="UBP-X800")

UpnpDetailsSearch = Sony , Blu-ray Disc Player
LoadingPriority = 3
DLNALocalizationRequired = true
TranscodeVideo = MPEGTS-MPEG2-AC3
DefaultVBVBufSize = true
ChunkedTransfer = true
TextWrap = width:52 indent:10 height:3 whitespace:9
HalveBitrate = true
MediaInfo = true
#MaxVolume = 999
SeekByTime = exclusive
#SupportedVideoBitDepths = 8,10,12

# Supported video formats:
Supported = f:mpegps	v:mpeg1|mpeg2		a:ac3|dts|lpcm|mpa				m:video/mpeg
Supported = f:mpegts	v:mpeg2				a:ac3|dts|lpcm|mpa|aac-lc		m:video/mpeg
Supported = f:mpegts	v:h264|mp4|h265		a:ac3|dts|dtshd|lpcm|mpa|aac-lc|truehd		m:video/vnd.dlna.mpeg-tts
Supported = f:mpegts	v:vc1				a:ac3|dts|lpcm|aac-lc|mpa		m:video/vnd.dlna.mpeg-tts
Supported = f:mp4|m4v	v:h264|mp4	a:aac-lc						m:video/mp4
Supported = f:mp4|m4v	v:h265		a:aac-lc						m:video/mp4
Supported = f:3gp|3gpp	v:h264|mp4	a:aac-lc						m:video/3gpp
Supported = f:3g2|3gp2	v:h264|mp4	a:aac-lc						m:video/3gpp2
Supported = f:wmv|asf	v:wmv		a:wma|wma10						m:video/x-ms-wmv
Supported = f:mov		v:h264|mp4	a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3			m:video/quicktime
Supported = f:mov		v:mjpeg		a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3			m:video/quicktime
Supported = f:avi		v:mjpeg		a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3			m:video/avi
Supported = f:flv|f4v	v:h264|mp4	a:lpcm|aac-lc|mp3				m:video/flv
Supported = f:flv		v:vp6		a:ac3|dts|lpcm|aac-lc|mpa		m:video/flv
Supported = f:webm		v:vp8|vp9	a:vorbis						m:video/webm
Supported = f:mkv		v:mpeg1|mpeg2		a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3|vorbis	m:video/x-matroska
Supported = f:mkv		v:h264|mp4	a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3|vorbis	m:video/x-matroska
Supported = f:mkv		v:vc1		a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3|vorbis	m:video/x-matroska
Supported = f:mkv		v:wmv		a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3|vorbis	m:video/x-matroska
Supported = f:mkv		v:h265		a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3|vorbis	m:video/x-matroska
Supported = f:mkv		v:vp8|vp9	a:ac3|lpcm|aac-lc|mp3|vorbis	m:video/x-matroska

# Supported audio formats:
Supported = f:mp3		n:2	m:audio/mpeg
Supported = f:m4a		n:2	m:audio/mpeg
#Supported = f:aac	a:(?!alac).+	n:2	m:audio/x-m4a
Supported = f:wma		n:2	m:audio/mpeg
Supported = f:lpcm		n:2	m:audio/L16	s:48000	# LPCM
Supported = f:wav|mkv	n:2	m:audio/L16	s:48000	# LPCM
Supported = f:flac|fla	n:2	m:audio/x-flac
#Supported = f:ac3		n:2	m:audio/vnd.dolby.dd-raw
Supported = f:dsf		n:2	m:audio/x-dsf
#Supported = f:dff		n:2	m:audio/dff	# DSDIFF
Supported = f:aiff|aif	n:2	m:audio/L16	# aiff
Supported = f:m4a		n:2	m:audio/m4a	# ALCA
Supported = f:ogg		n:2	m:audio/x-ogg	# vorbis
Supported = f:ape		n:2	m:audio/x-ape

# Supported image formats:
Supported = f:jpg    m:image/jpeg
Supported = f:png    m:image/png
Supported = f:gif    m:image/gif
#Supported = f:mpo    m:image/mpo
#Supported = f:bmp    m:image/bmp
Supported = f:webp   m:image/webp

Header部分は,UMSのログからネタを収集して作っています。
Supported… の部分は,X800の取扱説明書にある "再生できるファイルの種類" を参考に,適当に設定を記述してみました。
対応フォーマットは多いのですが,まずは,TSとmp4/m4vが再生出来ればOKかと。
# 他は,素材が無いので,試さないかな。

…で,とりあえず,再生できた(嬉

動作は,以外と軽快,これくらいなら許容範囲。
PS3程度には,動いてますが,なぜか,PS3の様なサクサク感は無い…

良い所:
 ・他の方のレビュー記事を参照してください(笑
  Google検索すれば,たくさん出てきます。

残念な所:
・泣けてくるくらい貧相なU/I
 ・文字が大きい!大きすぎる…しかもギザギザ orz
  ・初めて電源を入れた瞬間,正直,萎えました。
 ・シンプルとかじゃなく,”貧相”…
   デザイン性皆無!これならkodiやOMSCの方が,まだまし!
   kodiやOSMCのU/Iを褒めている訳ではありません。 これらも酷いです。
   …が,X800のを見ると,何か残念な気持ちになります。
 ・OSD表示が…
  ・画面の25%位あって,邪魔!
   "画面表示"ボタンを押すと,上下にOSDが出るので,非常に悲しい気持ちになる…
  ・時間表示部分のフォントが,固定フォントじゃないので,ピコピコ動く(笑
 ・"ホーム"に追加できる機能(非表示)は,"メディアサーバ”だけ… 今後増えるのか?
  US版では,色々ダウンロード追加が可能のようですが,JPでは望み薄ですね。
 ・"メディアサーバ" にて,リスト表示が,ファイルで6行,フォルダーで7行…少ね
 ・タイトルが長いと横スクロールするが,遅すぎる上にガクガク
 ・"Media Server リスト" スペースの使い方が変(aS間が全角でrリ間が半角)
 ・Media Server リストにMAC Address表示って必要?
 ・"ビデオ"のリストにて,サムネイル表示しない

 とにかくU/Iには,無駄なスペースが多く,ほんと残念な気持ちになる…
 面倒なので,PS3のU/Iそのまま載せればいいのに,新しくしたのに,劣化って…

・泣くを通り越して笑うしかない操作性
 ・"再生","停止"など基本動作はできる(笑
 ・トリックプレイは,一時停止…そこからのコマ送り,スローのみ。
  スキップ系は,以下の通り,残念の極み。
 ・スキップ系(早送り,巻き戻し)が早すぎて,思った所で止められない。
  ・リモコンに15秒進む,10秒戻るボタンなど,ありません。
  ・早送り/巻き戻りボタンでの移動量が大きすぎて,狙ったところで止められない。
   "TS再生でCMスキップ"は,絶対無理(笑
 ・mp4に埋め込んだチャプターが機能しない

・中華プレーヤにも及ばない,リモコンの質感
 ・押した感触がダメ
 ・何より反応が悪い(本体で,くるくるアイコン(?)してると,操作が無視される感じ)
 ・NETFLIXボタンが主張しすぎてゲンナリ…
 ・TVからCECはある程度効くので,TVリモコンで基本操作は操作可能
  "オプション"ボタンとか,TVリモコンに無いものは,無理です。

 しばらくぶりで,家電を購入したので,"今時はこんななの?"と軽くショックでした。
 試しに学習リモコン RM-PLZ530D の "BD" で操作を試みましたが,ダメでしたorz

・リモコンに負けない,本体の質感(爆
 ・まぁ普及帯の製品ですので,しようがないのかな…
 ・塗装から ”毛” が生えていたのには,さすがに,びっくりです(笑:写真撮り忘れた
 ・本体に,"表示” する機能が,一切ない(電源ランプのみ?)
 ・USBの口のフタを開けて,がっかり,蝶番で固定じゃや無く,フィルムで
  プラプラぶら下がる…

・その他
 ・音声付き1.5倍再生出来ない… 無いのは,ちょっと痛い。
 ・クイック起動=「入(Default)」で,電源Offでも本体底がかなり暑い!!
 ・DLNAはTS再生中,早送り中に巻き戻しでハングアップ,電源ダウン(再現性低い)
 ・TVのHDMIリンクが ”おバカ” に…電源切断/再投入で復活(結構焦った)

そんなこんなで,UBP-X800ですが,「PS3のリプレース」ネタとしては,正直『ダメダメ!!』な感じ…
2KでもBD再生は綺麗だし,音質はSONYらしくドンシャリだし(自分は大嫌い)で,まぁ,Discプレーヤーとしてみれば,OKなのかな…

PS3のリプレースは無理っぽい… さて,こいつ,どうしよう orz

タグ:UBP-X800
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0